今回は先発投手第三弾で登場した選手の紹介となります!

期待の若手投手も多く登場しているので是非チェックしてみてください!

ヤクルト

奥川恭伸選手

球威制球スタミナ
75B78B74B

昨シーズンはプロ2年目ながら先発として1年間投げ抜き、チームのリーグ優勝・日本一に貢献しました!

投げ抜いたとは言え、先発ローテーションを中6日で投ていたわけではなく、そこは高津監督の管理のもと10日間隔を空けての登板となっていました!

まだまだ体が出来上がりきっていない若い投手なので球団首脳陣はかなり慎重に育成されていることがわかります!

これから日本を背負って立つ投手になるであろう奥川選手をこれからも応援していきましょう!

オススメ称号 超特急

制球型の先発投手ですが、称号で超特急・うなる剛腕・ケンカ投法を付けることができれば球威・制球の同値にすることができます。

限界突破3以上できれば中継ぎとして起用できるのも強みです!

ただヤクルト純正ならヤクルトは中継ぎ投手に能力の高い選手が多いので先発としての起用をオススメします!

阪神

伊藤将司選手

球威制球スタミナ
76B77B77B

ドラフト2位ルーキー伊藤将司選手です!

大学・社会人を経験してのプロ入りということもあり、自分の特徴をしっかり理解し勝てる投手という雰囲気でした!

シーズンが始まると高橋遥人選手が故障したこともあり、ローテション入りすると、きっちり結果を残し終わってみれば二桁10勝をあげました!

しっかりと低めにコントロールされたボールはキレがあり中々捉えられないルーキーとは思えないような投球でした!

新人特別賞も受賞した左腕に今シーズンも期待です!

オススメ称号 球威自慢

制球・スタミナ同値の先発投手となります!

ただ、称号次第では全同値も狙うことができます!

限界突破4以上で中継ぎ適性がつくので使い勝手も良く、対ピンチの特殊能力持ちで球種も多いので、リアルタイム対戦の中継ぎとして起用するのもありです!

阪神純正としては獲得しておきたい選手です!

巨人

メルセデス選手

球威制球スタミナ
77B77B75B

昨シーズンは来日遅れにオリンピックと忙しいシーズンとなりました。

安定したピッチングが持ち味でオリンピックでは日本戦に登板し、日本を追い詰めました!

シーズンでも安定したピッチングを見せたので、今シーズンも先発ローテーション入りすると思いますので、計算できる投手として首脳陣・ファンの期待に応えてほしいと思います!

オススメ称号 魂の投球

球威・スタミナ同値の先発投手となります!

スタミナも球威・制球より2低いだけなので全同値を狙えるかと思いきや、今の称号では全同値を狙うことはできません。

球種的にもリアルタイム対戦で強いとは言えないので起用するとすれば、巨人純正のリーグオーダーがオススメとなります。

広島

玉村昇悟選手

球威制球スタミナ
73B64C74B

2年目の昨シーズンは飛躍の年となりました!

17試合に登板し、101回を投げ4勝7敗で防御率3.83とまずまずの成績を残しました!

手元で伸びる真っ直ぐはクロスファイヤーに決まり、威力もありました!

今シーズンは先発ローテーションとして年間通してゲームを作るピッチングが期待されます!

オススメ称号 不屈の闘士

スタミナ型の先発投手となります。

オススメ称号で紹介した「不屈の闘士」を付けると球威・スタミナの同値にすることができます!

まだまだ発展途上の若手投手なので今シーズンの成績等で能力アップが期待される選手なので獲得したら育てて起用するのも有りですが、寮などで保管しておいて今後能力が上がって登場した際の素材にすることも有りだと思います!

中日

松葉貴大選手

球威制球スタミナ
74B78B70B

中日に移籍して3年目の昨シーズンは先発として13試合に登板し防御率3.20と好成績を残しました!

コーナーにきっちり決める事のできる制球力と真っ直ぐとチェンジアップの緩急に加え、変化の小さい変化球で芯を外すピッチングで打者を抑えることができました!

今シーズンは自身初の二桁勝利を目指してほしいと思います!

オススメ称号 全力投球

制球型の先発投手となります!

制球型ではありますが、称号で「全力投球」を付ければ球威・制球を同値にすることも可能です!

同値を狙うか制球Aを狙うかどちらかになる称号を付けることをオススメします!

同値にできればリーグ戦の中日枠として起用することも悪くない選手です!

中日純正としては獲得すれば先発としてオーダー入りはほぼ確実になるような選手です!

Dena

京山将弥選手

球威制球スタミナ
73B57D68C

期待の若手投手が多いDenaの中でも特に期待値の高い投手として長く期待されているのが京山選手です!

プロ2年目から一軍で起用され結果も残してきましたが、昨シーズンもまだ納得いくまでの結果は残せませんでした。

ただ着実にレベルアップはしているので、今シーズンのブレイクを期待したいです!

オススメ称号 勝利の使者

球威型の先発投手となります!

限界突破4以上で中継ぎ適性も付くのでどちらでも起用することができます!

京山選手もまだまだ発展途上の若手投手なので今シーズン以降の活躍で能力は変わってくる選手です!

正直今の能力では即戦力でオーダー入りすることは難しいので純正以外の方は狙って取りに行く選手ではありません!

オリックス

山﨑楓一郎選手

球威制球スタミナ
74B56D67C

昨シーズンは支配下に返り咲き、一軍で8試合に先発し2勝をあげました!

長身から投げ下ろす真っ直ぐは150km台中盤を記録するほどです!

後半戦ではきっちり試合を作りパリーグ制覇に貢献するピッチングで日本シリーズでの先発も任されました!

今シーズン以降も活躍が期待される若手として、まずは昨シーズンの成績以上を残せるように今シーズンを戦って欲しいです!

オススメ称号 勝利の使者

球威型の先発投手となります。

ただ現状は能力値もそこまで高い選手でもなく、球種もそこまで強くはありません。

なのでオリックス純正の方でも選手が揃っている方ならば、すぐにオーダーに入れず今シーズン以降の活躍次第で能力がアップすると思うので、それまで保管しておくのも良いかなと思います。

千葉ロッテ

石川歩選手

球威制球スタミナ
78B82A77B

昨シーズンはキャンプ中に下半身コンディションによる不調で開幕に間に合わず、シーズン中に右肘のクリーニング手術を受け、復帰は後半戦に入った8月でしたが、9月以降は調子を戻し後半戦のチームを引っ張りました!

惜しくも優勝は逃してしまいましたが、最後の最後まで優勝争いをするチームに貢献しました!

精密機械のような制球力を武器に内に食い込んでくるボールと逃げていくボールを右打者・左打者両方に持っているのが石川選手の強みとなります!

今シーズンは開幕から年間通しての活躍を期待したいです!

オススメ称号 全力投球

制球型の先発投手となります。

称号で「全力投球」を付けることができれば球威・制球を81Aでの同値にすることができます!

さらに限界突破5までできれば中継ぎ適性も付くので使い勝手としても最高です!

12球団オーダーのロッテ枠としても起用しやすい選手となります!

楽天

滝中瞭太選手

球威制球スタミナ
73B76B71B

大学・社会人を経由してプロ2年目の昨季は20試合に先発して二桁10勝をあげ、ブレイクしました、

ルーキーイヤーから一軍での先発マウンドを経験している右腕ですが、昨シーズンは自分の力を存分に出しながら一軍できっちり結果を残しました!

多彩な変化球を武器に緩急を使いながら今シーズンも二桁勝利を目指して頑張ってほしいです!

オススメ称号 全力投球

制球型の先発投手となっておりますが、中継ぎ適性もSなので、限界突破なしの状態からでも中継ぎでの起用も可能な選手です!

称号で「全力投球」を付けることで球威・制球の同値にすることもできるので、起用する幅が広い選手となります!

超対ピンチ持ちで球種も多いので、リアルタイム対戦で起用してみるのも面白そうです!

ソフトバンク

和田毅選手

球威制球スタミナ
73B75B73B

松坂世代最後の選手として今シーズンからはプレーするベテラン左腕!

昨シーズンは18試合に登板し5勝6敗で防御率4.48と納得のいく成績ではありませんでした。

キレのあるボールとフォームと相まって球速以上に打者が差し込まれてしまうボールが特徴の投手です!

投げるボールはまだまだ衰えていないので松坂世代最後の1人として今シーズンは二桁勝利を目指してほしいと思います!

オススメ称号 永久機関

制球型の先発投手となります。

称号で「永久機関」を付けることができれば全同値にすることができます!

全同値になるとコンボを組みやすくなるので投手としてソフトバンク枠として起用するのもありです!

特にリーグオーダーでの起用をオススメする選手です!

日本ハム

加藤貴之選手

球威制球スタミナ
74B79B75B

昨シーズンは1年間通して先発としてローテーションを守り試合をきっちり作りました!

25試合に登板し6勝7敗で防御率3.42と中々打線に恵まれませんでした。

ビックリするような真っ直ぐはありませんが、多彩な球種をコーナーに投げながら緩急を使い抑えるのが武器となります!

今シーズンは二桁勝利目指して頑張ってほしいと思います。

オススメ称号 制球プラス1以上の称号

制球型の先発投手となりますが中継ぎ適性もSあるので限界突破なしでも中継ぎとしても起用できる選手です!

称号を付けても制球型にしかならない選手ですが、全体的な能力も高めなので起用しやすい選手です!

制球Aが必要ない方の場合は、称号で「勝利の使者」を付けたいところです!

西武

渡邉勇太朗選手

球威制球スタミナ
76B59D63C

高卒3年目で迎えた昨シーズンは一軍で17試合に登板し、9試合に先発登板しました!

4勝4敗で防御率3.44と飛躍の年となりました!

長身から投げ下ろす真っ直ぐは威力抜群です!

今シーズンは昨シーズン以上は登板し、先発として勝ち星をあげることが求められるので、それに応えられるピッチングに期待です!

オススメ称号 勝利の使者

球威型の先発投手となります!

中継ぎ適性がCなので限界突破3以上で中継ぎとしても起用ができる選手となっています。

能力としては特に高い選手ではないですが、まだまだ発展途上の若手投手なので今シーズンの活躍次第では能力アップが期待されます!

なので獲得できた方はオーダー起用をすぐに考えるよりも2022seriesが登場した際の限界突破素材として置いておくのもオススメです!

まとめ

今回登場した先発投手は中継ぎとしても起用できる選手も多かったので、オーダーに入れる場合は、先発か中継ぎどちらで起用するのが戦力アップに繋がるのかを考えて起用してみて下さい!

若手投手も多かったので獲得したら2022seriesが登場するまで寮で寝かせておくのも悪くないかもしれません!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回もよろしくお願い致します。

おすすめ: